蒼いシリーズ4部作パック・2013 

シミュレーション アドベンチャー
蒼いシリーズ4部作パック・2013 工画堂スタジオ
カテゴリー
PCソフト/PCゲーム
作品形式
シミュレーション/アドベンチャー
ブランド
工画堂スタジオ
ジャンル
シミュレーションアドベンチャーSFファンタジー
原画
駒都えーじ
シナリオ
竹内なおゆき
声優
川澄綾子小杉十郎太大野まりな幡宮かのこ友永朱音釘宮理恵高橋美佳子皆川純子野川さくら神田朱未落合祐里香日烽フり子茅原実里大塚明夫内野一福井裕佳梨今井麻美宮崎羽衣
ボイス
あり
ファイルサイズ
2.52 GB
配信開始日
2013年03月01日

工画堂スタジオ“くまさんちーむ”が誇る「蒼いシリーズ」4作品が、超お買い得価格のパックになった!

サンプル画像

作品概要

工画堂スタジオ“くまさんちーむ”が誇る「Deep-Blue」シリーズ――別名「蒼いシリーズ」。自由度が高く、奥の深いシミュレーションゲームの面白さと、キュートでポップな美少女の魅力を融合させ、新たな時代を切り拓いた名作たち! 長きにわたってユーザーを魅了する4作品を、今回特別に3本分の超お買い得価格でご提供! 楽しくて、可愛くて、そして何より“遊べる面白さ”をどこまでも追及した名作たちを、ゲットするなら今がチャンス!

■商品内容

●「蒼い海のトリスティア〜発明工房奮闘記録〜」
●「蒼い空のネオスフィア」
●「暁のアマネカと蒼い巨神-パシアテ文明研究会興亡記-」
●「白銀のカルと蒼空の女王」

「蒼い海のトリスティア〜発明工房奮闘記録〜」・「蒼い空のネオスフィア」

「蒼い海のトリスティア〜発明工房奮闘記録〜」
海洋都市トリスティア。遠い昔から海上貿易の要として繁栄し「海の宝石」と称えられてきた美しい都市。ですが……それも今は昔。十年ほど前に起きたドラゴンの襲来で、街は本来の輝きを失ってしまったのです。トリスティアの人々は、街の復興に一生懸命励みました。ですが、やることなすこと、すべて裏目。かえって街はさびれる始末。万策尽きた街の人々は、数々の滅びかけた都市を甦らせたという、伝説の発明家「大工匠プロスペロ・フランカ」にトリスティアの再建をお願いすることにしました。そして、待ちに待った大工匠プロスペロ到着の日……街の港に降り立ったのは、たったひとりの女の子だったのです。プロスペロは自分の代わりに、新米工房士のナノカをよこしてきたのでした。

「蒼い空のネオスフィア」
空中王国ネオスフィア。Eテクノロジーの奇跡のわざにより、天空をゆく白き大地のそのすがた。はるか太古から、侵し難き聖域として地上人の畏敬の対象であった神聖王国。ですが、その輝かしき栄光の名も遠いまぼろし……十数年前の世界統一戦争。その戦後復興にたちおくれた王国は、ちゃくちゃくと近代化を果たしてゆく他の国々を尻目に、ゆるやかな衰退のみちを歩みつつありました。地上世界とネオスフィアをつなぐ、太古の遺産である空中船「Eシップ」の行き来も、さいきんではめっきり減る一方。この状態を重くみた王国の貴族たちは一計をはかります。かつて数々の滅びかけた都市や国を甦らせたという、伝説の発明家「大工匠プロスペロ・フランカ」を呼びよせて、王国の再建にあたらせればいい……と。貴族たちは、プロスペロに「ただちに出向き王国の立て直しを開始せよ」との手紙を送りつけました。ですが当然といえば当然。そんな失礼な手紙でプロスペロがやって来るはずもありません。一方的にプロスペロをあてにしていた貴族たちはもうカンカンです。でも話はここで終わりません。プロスペロは、自分のかわりに、孫娘である新米工房士ナノカをネオスフィアによこしてきたのです。

「暁のアマネカと蒼い巨神-パシアテ文明研究会興亡記-」・「白銀のカルと蒼空の女王」

「暁のアマネカと蒼い巨神-パシアテ文明研究会興亡記-」
大フルクラム帝国。──Eテクノロジーの恩恵により世界支配をなしとげた超大国は、帝都での第一回万国博覧会開催を間近に控え、活気に湧いていた。世界中の科学や文化の粋を集めたそのイベントに、人々はさらなる繁栄を期待し、来るべき明るい未来を夢見ていた。国家の威信をかけた帝都万国博覧会が開かれようとしていたある日、帝国内最大の学問教育機関、「帝国ジュニアアカデミー」も同じく活気ににぎわっていた。アカデミーの主宰で、万博にパビリオンを出展することが決定し、その展示品の内容を学内サークル間で競い合っていたのである。その優秀さを認められ皇帝杯を得ることができれば、後の人生においてその恩恵は計り知れない……。アカデミー内の同好サークル「パシアテ文明研究会」(通称「パシ研」)は古代文明の秘宝(?)を求め、放課後の大冒険を始めることになる。

「白銀のカルと蒼空の女王」
文明「パシアテ」の超科学テクノロジー「Eテクノロジー」の力で栄華を誇っている。人々は残された過去の遺産を足がかりに、さらなる発展を手に入れようと努力していた。だが、その過去の遺産を悪用しようとする者がいる。先史パシアテの遺産である巨大機動兵を犯罪に利用したり、人々を支配しようとする者達……Eテクノロジーによって生み出された悪意を持った「道具」が人々の生活を脅かしつつあった。物語の主人公カル・ルスランは、普段は帝国ジュニア・アカデミーに通う一学生。だが彼女は、パシアテ文明保存管理局、通称“ライブラリ”と呼ばれる政府機関に雇われたエージェントでもある。先史の亡霊を倒すことのできる唯一の存在が、彼女が操る超重機動兵「アルパー」。旧時代のテクノロジーの産物が帝都に危害を与える時、カルはアルパーを駈り、それに立ち向かう。

この作品のご購入

PCソフト ご利用ガイド