首斬り朝 【5】 

KeyringPDF形式 劇画
 小島剛夕
カテゴリー
電子書籍/コミック
作品形式
劇画
出版社
グループ・ゼロ
ジャンル
劇画歴史ハードボイルド
シリーズ
首斬り朝
著者
小島剛夕
原作
小池一夫
ページ数
249ページ
サイズ
115.1 MB
配信開始日
2013年01月28日

首斬り朝 シリーズ詳細

斬首の様子を描いた無惨絵が話題になっていた。絵師の河井穣風(かわいじょうふう)は写実に徹したいと、是非とも朝右衛門の首打ち現場を見学したいと申し出る。

サンプル画像

   

解説

斬首の様子を描いた無惨絵が話題になっていた。絵師の河井穣風(かわいじょうふう)は写実に徹したいと、是非とも朝右衛門の首打ち現場を見学したいと申し出る。断り続ける朝右衛門だったが、穣風が“生き様(だめ)しの勘右衛門流”と恐れられた山野勘右衛門の娘だと知り、同じ境遇に育ったことを感じ取る……。

この作品のご購入

電子書籍 ご利用ガイド

このブランドの作品一覧

中卒労働者から始める高校生活
姫さま狸の恋算用

電子書籍ご利用ガイド