首斬り朝 【6】 

KeyringPDF形式 劇画
 小島剛夕
カテゴリー
電子書籍/コミック
作品形式
劇画
出版社
グループ・ゼロ
ジャンル
劇画歴史ハードボイルド
シリーズ
首斬り朝
著者
小島剛夕
原作
小池一夫
ページ数
246ページ
サイズ
115.6 MB
配信開始日
2013年01月28日

首斬り朝 シリーズ詳細

勘定奉行の大久保が、幕府の財政逼迫から死罪人の首斬り費用を軽減しようと、ふた月ほど斬首を取り止める事となった。

サンプル画像

   

解説

勘定奉行の大久保が、幕府の財政逼迫から死罪人の首斬り費用を軽減しようと、ふた月ほど斬首を取り止める事となった。だがそのため、牢房は収容能力を遥かに超えてしまい、作造りと呼ばれる平囚を殺して囚人の数を減らす事が横行する。結果、平囚達の大反乱が起こり、江戸行刑史上に残る非常事態を引き起こしてしまった……。

この作品のご購入

電子書籍 ご利用ガイド

このブランドの作品一覧

中卒労働者から始める高校生活
姫さま狸の恋算用

電子書籍ご利用ガイド