首斬り朝 【7】 

KeyringPDF形式 劇画
 小島剛夕
カテゴリー
電子書籍/コミック
作品形式
劇画
出版社
グループ・ゼロ
ジャンル
劇画歴史ハードボイルド
シリーズ
首斬り朝
著者
小島剛夕
原作
小池一夫
ページ数
251ページ
サイズ
110.4 MB
配信開始日
2013年01月29日

首斬り朝 シリーズ詳細

五つの縄張りを持つ渡世者、常に長脇差を帯びて歩く三つの渡世者を“五縄張り参長脇差(ごばりさんどす)”というこれら全ての渡世に顔の利く葛西の肥汲み・百尻組の跡取り息子、その首斬り命が下った。

サンプル画像

   

解説

朝右衛門に恐ろしい相手の首斬り命が下った。五つの縄張りを持つ渡世者、常に長脇差を帯びて歩く三つの渡世者を“五縄張り参長脇差(ごばりさんどす)”というが、これら全ての渡世に顔の利く葛西の肥汲み・百尻組の跡取り息子の首である。罪状は明らかなのだが、肥汲みをはじめ、香具師、博徒、火消し、折助など多くの者達を敵に回す事になってしまう……。

この作品のご購入

電子書籍 ご利用ガイド

このブランドの作品一覧

中卒労働者から始める高校生活
姫さま狸の恋算用

電子書籍ご利用ガイド