セントラルフロント 

シミュレーション
システムソフト・アルファー
カテゴリー
PCソフト/PCゲーム
作品形式
シミュレーション
ブランド
システムソフト・アルファー
ジャンル
ミリタリー現代戦シミュレーション
ファイルサイズ
38.0 MB
配信開始日
2006年04月25日

陸海空の指揮系統を再現した「フェイズシステム」、現実に則したルール表現の「ダメコンシステム」、陸軍部隊の運用に画期的な「行動ポイントシステム」等を採用した戦略級シミュレーション。

作品概要


■現実の指揮系統を再現した斬新な「カテゴリー別フェイズシステム」


セントラルフロントでは、現実の軍隊の指揮系統を再現するために、彼我の陸/海/空、3軍が同じターンの中で、各々カテゴリー別のフェイズに分かれて行動するルールとしている。




■現実に則したリアルなルール表現の「ダメージコントロールシステム」


兵器や建物は敵からの攻撃を受けることにより「火災発生」「着艦不能」「行動不能」といった様々なダメージを被る。このダメージを軽減させるノウハウは「ダメージコントロール」と呼ばれており、現実の軍隊で最重要な防御要素の一つとされている。

セントラルフロントでは、この「ダメージコントロール」の概念を戦略シミュレーションゲームでは初めてルール化しており、よりリアルかつ緊迫感あふれる戦場表現が可能になった。




■陸軍部隊の運用に画期的な「行動ポイントシステム」を採用


毎ターンの陸軍フェイズ開始時、各部隊には一定の行動ポイントが与えられ、部隊はこの行動ポイントを消費することで移動、戦闘や占領という行動が可能となる。そして部隊の行動は、行動ポイントの続く限り連続して行うことができる。

このシステムの採用により、これまでのように「移動→戦闘→終了」といった単純な行動だけではなく、「戦闘→移動→戦闘→終了」といった行動や、「移動→戦闘→移動→占領→終了」という複雑な行動を1ターンの中で行うことができるようになった。


(C)SystemSoft Alpha Corporation

動作環境

必須 CPU
Pentium200M-Hz
推奨 CPU
Pentium266M-Hz
必須メモリ
48-MB
推奨メモリ
64-MB
必須解像度
800×600
必須色数
ハイカラー
DirectX
DirectX7.0以上

この作品のご購入

PCソフト ご利用ガイド

このブランドの作品一覧