天下統一ADVANCE 

シミュレーション
天下統一ADVANCE システムソフト・アルファー
カテゴリー
PCソフト/PCゲーム
作品形式
シミュレーション
ブランド
システムソフト・アルファー
ジャンル
歴史シミュレーション
ファイルサイズ
46.6 MB
配信開始日
2006年11月09日

群雄割拠する戦国時代を舞台に、あまたの英傑達が知恵と策謀を巡らし天下を目指すウォーシミュレーションゲーム!

作品概要

時を遡ること四百余年。そこは群雄が割拠する戦国時代だ。
戦乱の天下を統一せよ!プレイヤーは雄大な目標に向かって、信長に、信玄に、謙信に、あるいは家康にと、全国に散らばる戦国武将の一人に成り代わり、天下統一の夢を実現する。
それが「天下統一 ADVANCE」だ。
天下統一の野望の前に立ち塞がるあまたの大名を野戦で打ち破り、敵城は包囲や強襲で落城させ、自国の領土拡大を目指すのだ。
領国が広がれば多くの兵士を募集でき軍事力が増す。また治水開墾や楽市楽座、徴税など内政に気を配れば国が栄える。他国の侵略に対しては、城の普請で備え、新たな同盟を締結し、自国の基盤をより確固たるものとする。
天下統一の野望を果たすためには、手となり足となる家臣団は不可欠だ。
家臣に武勇を求めるか、それとも政治力を重視するか。
忠勝、利家、三成、幸村、道雪ら、仕官を願い出る有名無名の武将のいずれを家臣とするかはプレイヤーの思いのまま。
さらには領国を次々と襲う騒乱や、思わぬ天変地異などイベントの数々。
ひとつの決断の誤りが、その身と野望とを破滅に導く乱世の時代、戦国。
乱世の時代だからこそ、英傑たちの知恵と策謀と、生き残りのための本物の戦略が息づいている。
壮大なスケールを持つ戦国の大河ロマンが、あなたのパソコンで堪能できる。
それが『天下統一 ADVANCE』なのだ。


【信長や信玄になれる】 総数60の大名家から、お好きな大名家を選んでゲームを始めることができます。
【天下統一の方法】 全国67カ国に散らばる、400個の城を攻略すれば「天下統一」完了です。
【軍事力の増強方法】 配下の武将(家臣)に、兵や鉄砲を与えることで軍備が増強できます。
【領国経営の方法】 領国内で、治水開墾や楽市楽座を行なえば、領国はより豊かに発展して行きます。
【データ量も豊富】 著名な勇将から知られざる名将まで、収録されている武将は約1400人に上ります。
【初心者の方にもお薦め】 ルールはとてもシンプル。当面の目標となるのは”合戦に勝利”することです。また操作も”1ボタン”でマニュアル不要の簡単さです。
【長く遊べる戦国ゲーム】 絶妙のゲームバランスで、奥深いゲームシステムです。コンピュータが担当する敵大名家は、あたかも史実に沿ったかのような行動でプレイヤーに対峙し、リアルな戦国ロマンをお楽しみいただけます。

ゲームシステム

『天下統一 ADVANCE』では、1年間が春夏秋冬の4つの季節に分かれています。
それぞれの季節には行動のための区切りが存在し、すべてで5つの行動が終了するとひとつの季節が経過します。
ゲームが開始される1551年から1620年までの70年間で、見事「天下統一」を果たしてください。


◆更新:「一向一揆」「大地震」「豊作」「武将の仕官」など、ゲームの進行に影響を及ぼすイベントが発生する。
◆軍備:「兵の募集」「鉄砲購入」など、ここでは主に配下の部隊の軍備を整える。
◆政略:「治水開墾」「同盟締結」「城普請」「部隊移動」など、合戦前の準備活動を行なう。
◆作戦:「作戦命令」で出陣し、敵国との合戦に移行する。
◆合戦:「野戦」で敵部隊を撃破し、「攻城戦」で敵城を攻め落とす。すべての行動は、この「合戦」のための準備行動である。駆け引きの妙と、合戦で敵を打ち破るエクスタシーを存分に味わって欲しい。


(C)SystemSoft Alpha Corporation

動作環境

必須 CPU
PentiumII 266M-Hz
推奨 CPU
PentiumIII 400M-Hz
必須メモリ
64-MB
推奨メモリ
128-MB
必須解像度
640×480
必須色数
ハイカラー
DirectX
DirectX8.0以上

この作品のご購入

PCソフト ご利用ガイド

このブランドの作品一覧